2005年 06月 21日
私は専用設計が大好きです。
河口の場合はこのロッド(もしくは、○○ft)、リールはコレ(もしくは、○○○番)、ルアーは何センチ・・・。
個々には、各々のスタンダードというか、こだわりがある。
確かに、その個人にしてみれば正しいし、また、間違っているのかもしれない。

なんで、こんなことを思ったかというと、
今日、初めて行ったSHOPでの出来事・・・・・。

長くなるので、端的にいうと、 『 その場・そのターゲットの専用 』 を押しつけられた・・・・。

私自身の見解としては、投げ竿でもルアーロッドに代用できるモノもあれば、
シーバスロッドをエギング用として代用できるモノもある。
また、トラウトロッドをシーバスに好んで使っている輩もいる。

確かに、SHOPやメーカーサイドからの提案での、 “ 専用 ” も大事だ。

しかし、

タックルを選ぶ上で大切なことは、好きな道具であること。だと、思う。
私が釣りを始めたころ、高嶺の花として欲しかったリールは、ダイワの【トーナメント EX】だった。
しかし、今は、あまりにもメーカーサイドが、この “ 専用 ” を売り文句として、タックル価格が高沸している。
また、SHOPサイドが、押しつれる傾向にある気がしてならない・・・・。
釣りをしている人の大多数の人が、生業ではなく、趣味としていると思う。
そうであるならば、SHOPでタックルを物色する際には、我々アングラー主導型であるべきであると思う。

( みなさんも、そして、カズ会長もそう思うでしょ ? ! )



・・・・、多分、あのSHOPには、二度と行かないだろう・・・・・。


※ エラそうに、書きましたが、私は専用設計が大好きです。ただ、聞きもしないのに、押し付けるSHOP(店員)はキライだ。



← ← ← blog ランキングへ 1クリックお願いします
[PR]

by NoFish-NoLife | 2005-06-21 21:37 | ヒトリゴト


<< このサイズを目標に!      病気・・・ >>